高齢出産の産後抜け毛


高齢出産による産後抜け毛の原因と止め方についてまとめています。

 

出産後に抜け毛で悩まされる女性は多いものです。

 

実に産後の抜け毛に悩まされる女性は二人に一人と言われていますが、実際はもっと多くの女性が普段よりも多い抜け毛を感じると言われています。

 

しかし、「産後の抜け毛」と一言でいっても20代の女性と30代後半の女性ではその度合いは異なることが多いことをご存知でしょうか。

 

高齢出産をした女性は若い女性に比べると抜け毛が酷いことが多いのですが、では高齢産後抜け毛が酷い原因とは何なのでしょうか。

高齢産後抜け毛の原因

一般には産後抜け毛は一時的なものです。

 

産後はこれまでお腹で赤ちゃんを育てていた妊娠期から体が変化する時期で、女性ホルモンのバランスが変化します。

 

産後には発毛を促進するエストロゲンが一時的に急激に減るため抜け毛が起きると考えられているため、ホルモンバランスが安定すると抜け毛は治まり元に戻るのが一般的です。

 

 

しかし、高齢出産の場合は年齢が上がるにつれて元々エストロゲンが減少していることもあり、産後の抜け毛からそのまま加齢による薄毛へ、つまり放置してしまうとびまん性脱毛や産後円形脱毛症へと移行してしまう恐れがあります。

 

びまん性脱毛とは

びまん性脱毛とは加齢やストレス、食生活などにより起きる女性の薄毛で、男性型脱毛症(AGA)の女性版とも言われます。

産後円形脱毛症とは

産後円形脱毛症とは産後の抜け毛がまとまった場所で進行して円形脱毛症を引き起こすものです。

 

高齢産後抜け毛の止め方

では、高齢産後抜け毛の止め方とはどのような策があるのかというと、早めのケアをすることです。

 

若い時は産後の抜け毛があっても半年〜1年ほど経過すれば元に戻る人がほとんどで、特にケアをしなくても自然と治ります。

 

しかし、高齢出産後の抜け毛の場合は抜け毛のきっかけは産後のホルモンバランスの乱れであっても、毛根や髪質が弱っているため、自力で回復するのは困難ということもあります。

 

全てにおいてあてはまることですが、年齢が上がるにつれて私たちの体は衰えていくため、年齢を重ねた体は回復するために外部からのサポートが必要になります。

 

 

そのため、産後の抜け毛対策として育毛剤や頭皮の環境を健全化するシャンプーなどの頭皮ケア、薄毛対策を取ることが重要です。
しかも早めに始めることが重要です。

 

 

また、産後は授乳により赤ちゃんに栄養が摂られてしまうことや、24時間休みなく行う赤ちゃんのお世話により寝不足状態が続くため慢性的に体が疲れている状態にあります。そのため、髪の為にも栄養を補給する必要があります。

高齢産後抜け毛に良い食べ物

髪の99%を構成するたんぱく質、そして髪を作るために必要な

  • 亜鉛
  • ビタミンB、C、E、A
  • カルシウム
などが含まれているものです。

 

豆腐、長いも、納豆、オクラ、牛乳、チーズ、肉類、魚類、高野豆腐など、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な食材が髪の成長の為には必要です。

 

特に高齢産後の女性はこれらの食べ物を積極的に食すことで活力も湧くため、積極的に取り入れることが大切です。

 
>>>ベルタ育毛剤の産後抜け毛への効果体験談


【ベルタ公式価格・今だけキャンペーン】など
>>公式キャンペーン内容を見てみる